美容

自宅で簡単!サロン用の白髪染めミルボンシーディルの使い方・感想まとめ

気づけばすぐに出てくる白髪。

頻繁に美容院に染めに行きたいけど、白髪が出る度に行ってたら、時間もお金もかかってかなりの痛手です。

最近ではもっぱら自宅でのセルフカラーで白髪染めしているわたしが激おすすめしたい、サロン専用の最新カラー剤をご紹介します!

ミルボンオルディーブ シーディル

今回は『オルディーブシーディル』というカラー剤を使ってみました。

このオルディープシーディルというカラー剤は、ミルボンというサロン専用有名メーカーから出ている最新の白髪染めです。

いつもはウエラコレストンプラスというカラー剤を使用していましたが、最新の商品が気になったので、使ってみることにしました。

Seedil | オルディーブブランド ヘアカラーデジタルサイト「カラデジ」

ミルボンオルディープシーディル 色の選び方

シーディルのカラーのラインナップは9色です。

  • チアシードナチュラル
    まろやかな灰味の寒色系ニュートラル
  • ヘーゼルグレージュ
    ほどよいくすみ感のやわらかなモノトーン
  • プルーンアッシュ
    凛としてクールなブルーアッシュ
  • オリーブカーキ
    さり気ない品を感じるなめらかなカーキ
  • ジンジャーベージュ
    軽やかな印象のゴールドベージュ
  • ココアブラウン
    やさしい暖かみのニュートラルブラウン
  • メイプルブラウン
    しっとりつややかなモカ系ブラウン
  • ラズベリーブラウン
    華やかでかわいらしいルージュ系ブラウン
  • プラムブラウン
    知的で洗練されたパープル系ブラウン

白髪染めとは思えない、ニュアンスカラーのラインナップ。アッシュ系が狙えるのは大変ありがたい!

でも正直、こんなに色々あると何を買ったらいいのかわかりません。
だけど大丈夫です。意外と大失敗にはならないものです。

今回、シーディルを使うことが初めてだったので、安全なところで『チアシードナチュラルの7』を購入してみることにしました。(数字が大きいほど色が明るくなります。※9が一番明るいです)

チアシードナチュラルは一番無難な色です。あまり茶色すぎると困る!という方にはおすすめです。

もう少し冒険してみたい!と思う方は、色や数字を変えてトライしてみてください。色は何色か混ぜて冒険してみるのも面白そうですが、心配なら単色が間違いないですよー。

→詳しくはブランドサイトのカラーチャートをチェック!
カラーチャート/ORDEVE Seedil | オルディーブブランド ヘアカラーデジタルサイト「カラデジ」

シーディルを実際に使ってみた感想

染めた後鏡を見てまず最初に感じたことは、思ったより黒い!ということでした。

ウエラコレストンプラスは7でも少し明るめだったのですが、シーディルのチアシードは、7だと少し暗めの印象です。ただ、ツヤ感は抜群です!透明感がアップして奥行きというのでしょうか、髪の立体感が増した気がします。
染めている間に頭皮が染みてヒリヒリすることもありませんでした。気になっていた生え際の白髪も、キラキラ金髪のようになることなく、きっちり染まりました。

総合的に超GOOD!

ミルボン オルディーブシーディル1剤と2剤のセット

ミルボン オルディーブシーディル1剤のみ(チアシードナチュラル8)

ミルボン オルディーブシーディル オキシ6%

美容師に聞いたセルフカラーのやり方

今回自分で染めてみたときに感じた悩みや疑問は主に次の4つ。

  1. 美容師さんのように髪を小分けにできず、きれいに塗れているのかわからないこと。
  2. 塗るのに時間がかかるため、最初に塗ったところと最後に塗ったところでは、かなりの時間差が生まれていること。→時間差が色の差につながるのでは?と心配。
  3. オキシ6%、シーディル7の仕上がりが暗めに感じた場合、何番を使うべきなのか。
  4. だいたいカラー剤は1回につき何グラムくらい使えばいいの?

この辺が気になったので、先日カットのついでに、担当の美容師さんにセルフカラーのやり方について色々質問してみました。

美容師おすすめのカラー剤の塗り方

  • 美容師さんのように髪を小分けにできず、きれいに塗れているのかわからないこと。
  • 塗るのに時間がかかるため、最初に塗ったところと最後に塗ったところでは、かなりの時間差が生まれていること。→時間差が色の差につながるのでは?と心配。

作成したカラー剤をまずは毛先に塗ると良い。なぜなら髪の根本は頭皮の温度で染まりやすいから。
よって根本は最後に塗るべし。髪の根本から塗り始めてしまうと、塗布に時間がかかった場合、根本と毛先で色の変化が出てしまう可能性がある。必ず毛先→根本の順番で塗ること

毛先にはクシを使わなくて良いので、手で毛先にカラー剤をつけていく。

手で握るようにして毛先に塗ったあと、刷毛やクシで髪の根本を塗る

髪のブロッキング(部分部分で小分けにする方法)は、なかなか難しいと思うので、手で少しずつ毛先を握って塗り、その後根本を刷毛やクシを使ってまんべんなく塗る感じでとりあえずはOK。

美容師おすすめのオキシ(ヘアカラー2剤)

  • オキシ6%、シーディル7の仕上がりが暗めに感じた場合、何番を使うべきなのか。

6%のオキシは染まりやすいため、実は使いにくい。セルフカラーの場合は、4.5%あたりが使いやすいかも。

例えばチアシードナチュラルからプルーンアッシュなど、カラーを変えても明るさは変わらないので、明るさを変えたい場合は数字を大きくする。7で暗いと感じたなら8にするのが良いだろう。

美容院でのカラー剤使用量

  • だいたいカラー剤は1回につき何グラムくらい使えばいいの?

サロンではショートカットでもだいたい60gくらい使っている

ショートカットなら1本丸々は使わなくていいけど、ケチりすぎてもよろしくないかも。
※1本のチューブに80g入っています。

疑問や質問は遠慮せずプロにぶつけてみる

色々聞いてみてよかった…!参考になりました。

美容院では一切カラーをせず、たたみかけるようなセルフカラーの質問に、嫌な顔ひとつせずに色々教えてくれた担当美容師さんに感謝です!涙
自己流の塗り方は根本から塗っていたので、若干間違っていました。

今まで運がよかったのか、根本だけものすごく明るくなってしまった…!ということもありませんでしたが
今後は毛先から塗ってみたいと思います。

プロのカラー剤を使ってセルフ白髪染めしてみた 美容院で使っているサロン専用のカラー剤。ネットで購入できることを知ってますか?わたしは知りませんでした…! ずぶのド素人...

自宅で簡単!サロン用の白髪染めミルボンシーディルの使い方・感想まとめ 最後に

サロン専用用品は自分で使いこなせるのかちょっと不安ですよね…。

でもやってみると意外と全然大丈夫!きれいに染まるし痛みもほとんど無し。
仕上がりもドラッグストアで買うカラー剤とは全く違います。

サロン専用のヘアカラーは、同量の1剤と2剤を混ぜて塗って30分放置するだけ!髪の負担も少なく簡単なので、ぜひぜひ挑戦してみてほしいです♪