ハマリタガリ

ハマれるものをみつけたい

都立高校の入学手続きは親も一緒に行くべき?所要時間など感想まとめ

f:id:hamarimi:20210306165730j:plain

都立高校に合格したら、すぐに入学手続きに行く必要があります。

この入学手続きは子供だけで行くものなのか、それとも親も一緒に行くべきなのか?
よくわからないまま、何となくついて行ってみましたが、入学手続きは親も行ったほうが良いと感じました。

その理由と、もし親無しで行く場合、事前に準備した方がよいことをまとめてみます。

都立高校入学手続きの流れ

①受験票を受付に出して入学確約書に記入

  ↓

②入学確約書と引き換えに入学手続きに必要な書類をどっさりもらう

  ↓

③制服採寸

  ↓

④体操服類注文

都立高校入学手続き所要時間

所要時間は混み具合によって変わりますが、大体1時間〜1時間半くらいで終わると思います。

制服採寸

書類の提出や受け取りに関しては印鑑さえ持っていれば子供だけでもOK。
が、しかし制服の採算やジャージや体操服のサイズ選びに関しては、親のアドバイスがあった方が安心できると思います。

基本、制服のサイズに関してはプロが測っておすすめを教えてくれるので問題はないのですが、女子は選択することが多すぎる…。

  • スラックスはどうします?
  • リボンの他、ネクタイは購入しますか?
  • サマーベストの色はどうしますか?サイズは?
  • セーターの色は?
  • ポロシャツは何枚必要ですか?色はどうしますか?

…などなど。
一人で決めるにはちょっと心細い気がしてきませんか…?
選ぶことが多すぎて、親でも不安になる勢いでした。

また、制服と一緒にYシャツも購入しますか?と聞かれます。

ワイシャツはだいたい2枚で5000円くらいでした。
ネットだと3枚4千円前後で購入できるのでちょっとお高め。

品質は良いのかもしれませんが、ネットより断然高いのでわたしは購入しませんでした。 ※スクールシャツが学校指定の場合は購入する必要があります。

制服の受け取り

制服の受け取りは代引きなので、申し込み用紙に住所や電話番号を書く欄があります。

うちの息子は自宅の郵便番号で頭を悩ませていました…(心配)
親がアシストできない場合は、住所などのデータをメモしていくと安心かもしれません。

体操服類注文

ジャージ上下、体操服上下、上履き、体育館シューズなど、サンプルが並んでいます。自分の体に当ててみたり、着てみたり履いてみたりして注文するサイズや枚数を決めましょう。

不安なことはその場にいる業者の人をつかまえて何でも聞いてみましょう。
聞いてみると、「ハーフパンツは小さめだからワンサイズ上がおすすめです」など、なにそれ?! 聞いて良かった〜〜!な情報を引き出せたりします。

体操服類の注文は、学校によりけりだと思いますが、スマホでQRコードを読み取り、ネットから申し込む方法が主流のようです。 その場で注文サイトにアクセスしなくても、とりあえずサイズだけメモしておいて、家でゆっくり申し込むこともできます。締め切りはあるので、期日中に忘れずに注文しましょう。

支払い方法は、代引きのところ、銀行振り込みのところ、学校によって違いました。

子供1人で行く場合の準備まとめ

・特に女子はできるだけ事前に選択肢を把握し、 ざっくり何を買うか決めておく。(ベストやセーターなど)

・シャツを購入するかどうか話し合っておく。

・郵便番号、住所、電話番号、親の携帯番号など自信がない子はメモっておく。

※携帯持ち込みOKなので、調べてわかればメモらなくても大丈夫です。

都立高校入学手続き狙い目の時間帯

早めの行動が吉です!

ざっくり「9時半~15時の間に来校」となっていたり、受験番号ごとに手続きしに行く時間が分けられていたり、学校によって様々です。
受験番号ごとに時間がわけられている方はそこまで人が多くならない印象を受けました。 更に男女が分かれていたので、かなりスムーズでした。

ざっくり時間指定の学校は、時間帯によってはかなり混むと思って間違いありません。 できるだけ早い時間に手続きを済ませることをおすすめします。

学校によって違うと思うので一概にはいえませんが、11時くらいからどんどん混んできて大行列になっていました。

都立高校の入学手続きは親が一緒に行くべき?所要時間など感想まとめ おわりに

入学手続きについてはあまり詳細が書かれていないことが多いですが、制服採寸があるのは確実だと思いますので、親も同行することをおすすめします。

実際、親子で来ている人がほとんどでした。一人で手続きしている子も少しだけいましたが、みんなしっかりしている感じの女子でした。

同行できない場合は、事前に制服などの情報や希望のサイズを把握しておくと、選ぶ時に迷わなくて良いので手続きがスムーズです。

決定の連続って結構疲れるので、この入学手続きは若干ハードでしたが、この後、手続きの時にもらった書類を作成するのもこれまた一苦労…。

合格してホッとしたのもつかの間、〆切が短いため、入学の準備は慌ただしく少し大変ですが、子供が晴れやかに高校生活をスタートできるよう、親も頑張って乗り越えましょう!